エステサロンで施術を受けて短期間できれいな肌|最先端の施術

周りに差を付ける美しく憧れる存在に

ストレス解消

高度経済成長期にエステの需要は急速に高まり現在に至る

日本で最も最初のエステは、意外にも男性向けの理髪店において開始されました。明治期に、当時フランスから本場のエステ術を学んだ人が帰国し、日本の理髪店においてサービスを提供したのが始まりです。その内容は美顔術と呼ばれる、顔のマッサージが中心でした。 ただ当時はエステを利用する習慣は男女にも無く、主に一部の富裕層などがたまに利用するくらいでした。その状況が変わるのが、戦後のしばらく経ってから始まる高度経済成長期です。生活のレベルが急速に向上し、食生活も豊かなものになり、さらに食事そのものが西洋化したことにより、カロリー過多による肥満が問題になり始めます。 これをきっかけに体のラインを美しく保つ事を意識する人が増え始めエステの利用が急増していった歴史があります。

リラクゼーション系のメニューが今後さらなる流行を巻き起こす

現代社会はストレスが溜まりやすいと言われており、仕事や家事、その他日常生活で息苦しさを感じる人も多く、疲れが抜けないといった悩みを抱える人も多数居ます。 そのようなストレス過多となりやすい状況下で、心身のリラックス効果を得ることができるエステのメニューが人気となっています。それがリラクゼーション系の施術であり、何れも体の内面と外面の両方から綺麗になりつつ、さらにリラックス効果による、体の内からの健康を得ることを目的としています。 エステのリラクゼーションメニューも豊富で、インドに古くから伝わるトリートメント方法である、アヴィヤンガやアーユルヴェーダでのマッサージケアや、ハーブを使うアロマテラピーなどが有名です。エステでもリラクゼーションメニューを取り入れる店が増えており、今後もより需要が増すと言われています。